読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺

 

 

ファミレスに来てる。

明日の面接用の履歴書を書くために。

他にも色々しようと企んでやってきたものの、

気力を全て持っていかれたらしい。

もうやる気なーい。むりぃ〜。(うるさい)

 

 

去年の四月から今の仕事してるから、

履歴書書くのは一年ぶりか。

ふと思ったのは、去年の四月の自分には

全く想像できないような心境、

そして状況 になってる。今が。

 

まさかあんな形で赤い靴やめるとは、とか

まさか乙四種取ることになるとは、とか

まさか今の職場こんなに良いとは、とか

まさかこんなに僕が痩せるとは、とか

まさか身の回りがあんなことやこんなことになるとは、とか

 

まさか、まさか、まさか。

まさか がいっぱい。

 

 

 

「今が1番」理論は変わらないけど

色んなことが変わったね。

 

ちょっとしたきっかけで

ついつい思い出す。

去年はやっぱりここ何年かで考えても

僕にとって多くの色んなことが変わった年

だったのかもしれないや。

 

 

 

なんとなく、

楽しかったこととか、笑ったこと、

悲しかったこと、怒ったこと、

そんな部分はふとした時に明確に蘇る。

インパクトがあるからかな。

インパクトあると、

刷り込みレベルが強いものね。

新しいこととか、

予想外のことした時に多いのも

おそらく刺激が強いから。

 

年間の出来事のランキングとか作ったら

すげ〜面白い気がするね。

ここにすら書けないようなことが

出てきてしまいそうだ。笑

 

 

 

 

でももっときっと尊いのは、

とても何気ない場面だったりする。

 

あの時に通った道、とか

どうしようもなくツボにハマった話題、とか

やるせなさしかない時に吸ったタバコ、とか

待ち合わせに向かうワクワクした気持ち、とか

思い巡らせてた時にふと吸った空気の匂い、とか

 

 

(とか が今回は多いな。笑)

 

 

 

そういうのは時間が経ったら忘れる気がして。

日々新しい事が増えて、忙しくなって。

"心を亡くす"。

最近読んだインタビューで心に残った言葉。

 

忙しさにかまけて忘れたくはないことが

たくさんあるって思いました。

だから自分にとって大切なことは

ふとした時に思い出しても良い気がした。

忘れようとすることの馬鹿馬鹿しさ。

夢見て何が悪い、感傷に浸って何が悪い、

忘れなくて何が悪い、ってね。

それを否定する人はたぶん心が寂しい。

 

 

 

どんなことを思っても、

それは自由なことですしね。

 

忘れたくなる辛さみたいなものは、

過ごした時間と考えた時間の分だけ

捉え方が柔らかくなる。

 

叶う叶わない、報われる報われない

は全然関係なく。

 

綺麗事でも、良いことも悪いことも

その全部が今の自分を作ってること、

忘れちゃダメだ。

 

 

過去は越えていくものじゃなくて、

連れて行きたいものね。この気持ちも。

それが今を越えていく力になるはず。

 

 

 

 

そんなこんなことを思いながら、

今、やけに気合が入ってる。

僕も去年から変われてる、と信じてね

 

最近はこんなことばっかり考えてるなー。

 

 

 

 

 

 

あー。ドリンクバーなのに

コーヒー3杯しか飲めなかった。

 

今から練習。時間が経つのが早い早い。

さりげなくこのブログも

書き始めて1ヶ月くらい。

1ヶ月でも心境はだいぶ違うね。

1から読み返してみるか。

 

今日も、夜が長い。