読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレミアム

 

 

一月ラストな本日。

公約通り、月5冊の読書達成致しました。

もっと読めた気もするけど、

なんとなく読まなかったよなー。笑

無理は良くないので、ね。

 

人に、本を読んでる話をして以来

貸してくれたりプレゼントしてくれたりで

案外読み貯めてる本が増えた。

みんな優しい。ありがたや。

 

今夜もBGMはbruno。

こうも聴き続けてるということは

確実にハマってるよね。うん。

「24K Magic」

名盤だ〜。

 

 

 

 

 

今日ラジオ聴きながら思ったこと。

 

人との会話、というかその中での発言、

って良くも悪くも内容に対しての

"興味レベル"が現れちゃうってこと。

人に対して、物に対して、出来事に対して。

それが仕事の上であろうがなかろうが、

ふいに口から出ちゃう発言

って誤魔化しが効かないよね。

 

付け焼き刃なんてすぐわかるわけで。

逆に言えば好きが強けりゃ

熟成された発言

がぽろっと飛び出ちゃうわけだ。

 

 

 

 

たまたま聞いたパーソナリティの発言が

あまりにも気持ち乗っかってね〜って

思っちゃったわけです。

(一度そう思うと最後までその視点で注目しちゃう。視点っていうか聞点?)

 

そりゃ仕方ない。

好きでもない、興味ない、

そんなことも紹介しないといけない

ってことがあるわけで。仕事だから。

ラジオに限らず何事においてもそうですが。

 

例えばスタンドで働いてるとして。

車に興味ない人が働けば、

まつわることに興味が湧くとも限らず。

そんな人がスタンドについて問われれば、

興味レベルが伴うわけで。

 

 

 

 

会話っておもしろい。

人の本質の見え隠れ。

でもまあいちいち突っ込まない。

 

嘘は良くない っていうけど、

どうして良くないって、罪悪感とかじゃなく

気持ちが乗っからないからだな〜って。

 

まあ生きてりゃ嘘付くくらい

適当なこと言っても良い時もあるけど(笑)

それはそれ。

 

 

好きなこと、大事なこと。

そういう時には絶対嘘はついちゃダメないなと。

改めて思ったわけです。

 

 

嘘付くような適当なことをしてる

って思われたくはないものね。

自分みたいに心の底で思いながら会話してる人にこそ。笑

 

 

 

 

深く考えること、知ること、

突き詰める力。

努力がいることもあるけど

気持ちの赴くままにいけることは

精一杯取り組もうと思った。

 

ギリギリ滑り込みで投稿。